TOP MESSAGE

代表取締役 齋藤 徹

一人ひとりの個性を活かし、共に新しい三松を創っていきたい

三松は、中核事業のきものにはじまり、現在ではドレス、アパレル、ファー・レザーと幅広い商材を通じて、お客さまの特別なひとときに寄り添ってきました。着物発祥の会社としてのアイデンティティーと、特別なシーンを彩ってきたノウハウ、そしておもてなしの心が生きた会社です。

「おもてなし」が注目される昨今、日本社会全体がサービスに力を入れており、メーカーでは特に、商品力+αの魅力づけが必要とされています。そのような状況下で成長し続けるためには、若い世代の力が必要不可欠です。三松が求める若い力とは、型にはまりすぎず、様々な事に挑戦していく力。10回挑戦した結果が5勝5敗や、時には3勝7敗だって構いません。目標に向けた第一歩を踏み出す力があれば会社としても全力で応援していきます。

更なる成長を求め、様々なことに挑戦していくために、会社として、従来の縦割りの組織から横の繋がりを強化した組織へと改革を進めています。アイテムが異なっても、解決すべき課題や、育成すべき人財に大きな差異はありませんので、ブランドの枠にとらわれず、商品への想い、お客さまへの想いを共有しながら、様々なハードルを社員全員で越えていきたいと思います。

これからも多角的な事業展開で発展していくには、様々なカラーを持った人財が必要です。偏った人の集まりでは、お客さまの多種多様なご要望にお応えできず、企業としての成長が止まってしまいます。世の中の流れを読み取り、三松というフィールドを使って、若いうちからご自身のカラーを発揮することで、共に成長していきましょう。